トップ > ソリューション事例 > 社会インフラ > 劣悪環境でのUPSの導入|ダイトロン株式会社

劣悪環境でのUPSの導入|ダイトロン株式会社

劣悪環境でのUPSの導入

製品

9PX1500RT-L9PXEBM48RT-L

概要

Eaton「9PX-Lシリーズ」はダイトロン株式会社が2023年7月1日より発売開始をするリチウムイオンバッテリー内蔵のUPSになります。
本製品は、従来の鉛バッテリーUPSの約2倍である期待寿命約10年の長寿命化を実現します。
「9PX-L」シリーズは長寿命化だけに限らず、バックアップランタイムの大幅向上やUPSの軽量化、ランニングコストの削減等様々な面で鉛UPSに比べ性能・コストの向上をしています。

お客様の課題

UPSを導入したいのですが地震や落雷等が多いため電源環境が悪く、停電時にUPSを使用しても再充電完了前に新たな停電が起きないか不安です。
また、工場で使用する際に電源環境が悪いため頻繁に停電が起きてしまう事が不安です。

ソリューション内容と製品概要

「9PX-Lシリーズ」は鉛UPSに比べ再充電の速度が2倍以上な為、「連続で停電が起きた場合にバックアップができない」という問題に直面するリスクを減少できます。
その為、停電が起きやすい環境への導入にもお勧めです。

製品の独自性

リチウムイオンバッテリーには、BMS(Battery Management Syatem)が備わっており、電圧・電流・温度を監視し熱暴走を防ぎます。また、拡張バッテリーが1Uになったためラックスペースの削減も可能です。

会社情報

ダイトロン株式会社
【本社】〒532-0003 大阪市淀川区宮原4-6-11
【東京本部】〒102-0083 東京都千代田区麹町3-6(住友不動産麹町ビル3号館)

ご紹介しているメーカー・商品に関するご不明点は
もちろん、
「要件・要望にあわせた機器提案をしてほしい」
「商品を購入する前に、まずは相談したい」など
商品の選定・納期の遅延に
お困りの皆様は、ぜひ一度ご相談ください!

お問い合わせの際は、弊社営業担当 または
以下お問い合わせフォームまでご連絡ください。