トップ > ソリューション事例 > オフィス > リブーターによるネットワーク機器の死活監視|明京電機株式会社

リブーターによるネットワーク機器の死活監視|明京電機株式会社

リブーターによるネットワーク機器の死活監視

製品

リブーター WATCH BOOTシリーズ

概要

リブーターは保守負担を軽減することができるネットワーク対応型の電源タップです。
ルーターやハブなどのネットワーク機器がフリーズしたとしても、 異常を検知し、即時に電源の自動再起動で復旧することが可能です。
また遠隔による電源制御も可能なため、任意で電源の入り切りをすることもできます。

お客様の課題

ルーターやハブのフリーズによって、ネットワークに繋がらない状況が時たま発生してしまうが、原因特定から復旧までに時間を要していました。

ソリューション内容と製品概要

弊社リブーターを導入頂くことで、自動でPING監視を実行し、対象となるネットワーク機器がフリーズした際に、自動で異常検知・自動で電源再起動を行い迅速に復旧します。

製品の独自性

弊社では、リブーターを20年以上前から国内生産しており、累計20万台以上の出荷実績がございます。

会社情報

明京電機株式会社
〒114-0012  東京都北区田端新町1-1-14 東京フェライトビル4F

導入商品

ご紹介しているメーカー・商品に関するご不明点は
もちろん、
「要件・要望にあわせた機器提案をしてほしい」
「商品を購入する前に、まずは相談したい」など
商品の選定・納期の遅延に
お困りの皆様は、ぜひ一度ご相談ください!

お問い合わせの際は、弊社営業担当 または
以下お問い合わせフォームまでご連絡ください。