トップ > キャンペーン&おすすめ情報 > 商品情報 > PoEスイッチとは?おすすめの事例やメリットをご紹介

PoEスイッチとは?おすすめの事例やメリットをご紹介

PoEスイッチとは、イーサネットケーブルを介して電力を供給する機能に対応したスイッチングハブのこと。
電源が確保できない場所でも、PoEスイッチを使えば、IPカメラやIP電話を設置できます。
ここでは、PoEスイッチの使用用途や導入メリットなどを紹介します。

PoEスイッチとは?

PoEスイッチとは、イーサネットケーブルを通して電力を供給する給電機能を搭載したスイッチングハブのことです。
ちなみに「PoE」とはPower over Ethernetの頭文字を取ったもので、PoEスイッチを使うと、接続する周辺機器に対してイーサネットケーブルを介して電源の供給をする事ができます。

PoEスイッチを使用する事例とは

PoEスイッチを使用するのにおすすめな事例は、電源の確保が難しい現場に設置をする場合です。
電源供給が出来るPoEスイッチを使うと、電源の確保が難しい場所にさまざまなイーサネット対応機器を設置することができます
最も代表的な用途がIPカメラです。
防犯用・監視用にネットワークカメラを設置する場合、エントランスの上部や天井など、設置場所には必ずしも電源が確保されているわけではありません。

PanasonicのPoEスイッチの画像

PoEスイッチとPoE対応のIPカメラを使えば、イーサネットケーブルだけで設置が可能です。
その他、IP電話をオフィスや会議室などに置く場合も接続はイーサネットケーブル1本で済み、取り回しや管理が簡単になり、省力化・運用の低コスト化につながります。
そして、イベント開催時にIPカメラや無線アクセスポイントを一時的に使用する際も簡単に設置できます。

PoEスイッチの導入メリット

PoEスイッチの導入メリットとは何でしょうか。
まず、イーサネットケーブルのみでIPカメラやIP電話を運用できるため、管理を効率化でき、運用コストを削減することができます。
他にもイベント開催時にIPカメラや無線アクセスポイントを一時的に設置する際も簡単に設置できます。
PoEスイッチのメリットを理解し、運用の効率化・コスト削減にPoEスイッチをぜひご活用ください。


ご紹介しているメーカー・商品に関するご不明点は
もちろん、
「要件・要望にあわせた機器提案をしてほしい」
「商品を購入する前に、まずは相談したい」など
商品の選定・納期の遅延に
お困りの皆様は、ぜひ一度ご相談ください!

お問い合わせの際は、弊社営業担当 または
以下お問い合わせフォームまでご連絡ください。