トップ > キャンペーン&おすすめ情報 > 商品情報 > 注目度アップ中のPoEオートリブート機能とは?そのメリットもご紹介|パナソニックEWネットワークス

注目度アップ中のPoEオートリブート機能とは?そのメリットもご紹介|パナソニックEWネットワークス

近年、ネットワーク機器のトラブル対応にかかる時間とコストが問題視されています。
そこで注目されているのが「PoEオートリブート機能」です。

PoEオートリブート機能とは

PoEオートリブート機能とは、スイッチングハブに備えられた機能の一つで、ネットワーク上のカメラや無線APがとまってしまう、「フリーズ」を起こした場合に効果を発揮します。

通常であれば、作業員が現地に赴き、手動でOFF/ONを実施し再起動復旧する必要がありますが、この機能があれば自動的に復旧作業を行い、作業員の出動が不要になります。そのため、人件費の削減に大きく貢献します。

フリーズの検知方法

フリーズの検知方法は以下の3種類があります。

LLDP検知:周辺機器からの応答がない場合に復旧対応を行います。

Ping検知:定期的にPingを送信し、応答がない場合に復旧対応を行います。

帯域幅検知:周辺機器の通信パケットが一定期間、特定のしきい値以下になると復旧対応を行います。

これらの検知方法を活用することで、環境や運用状況に合わせて最適な対応が可能となります。
PoEオートリブート機能は、ネットワークの安定性向上とコスト削減を同時に実現することができる、おすすめの機能です。
 

パナソニックEWネットワークス_雷サージで対応を喜ぶ人々のイラスト

PoEオートリブート機能を使うメリット

これらの検知方法を活用することで、環境や運用状況に合わせて最適な対応が可能となります。
PoEオートリブート機能は、ネットワークの安定性向上とコスト削減を同時に実現する強力なツールです。

PoEオートリブート機能を搭載したスイッチングハブは、ネットワーク運用の効率化とコスト削減に不可欠です。
この便利な機能を備えたおすすめの商品をご紹介します。
以下のボタンをクリックしてぜひご覧ください。

ご紹介しているメーカー・商品に関するご不明点は
もちろん、
「要件・要望にあわせた機器提案をしてほしい」
「商品を購入する前に、まずは相談したい」など
商品の選定・納期の遅延に
お困りの皆様は、ぜひ一度ご相談ください!

お問い合わせの際は、弊社営業担当 または
以下お問い合わせフォームまでご連絡ください。


こちらもおすすめ!
雷サージ機能とは?
アミューズメント施設におすすめ!静電気耐性スイッチで電子機器を守る
<初心者向け>監視カメラの選び方・運用方法のポイント
<初心者向け>監視カメラの選び方・運用方法のポイント


新着記事